Blog

運動で筋肉を使うこと、増やすことで体脂肪は減りやすくなる!ダイエット前に知っておきたい話

ダイエットをするときに

食事の量を調節する、というのは一般的なことかもしれませんが

その前に、姿勢を良くしたり体を動かすことで基礎代謝が上がり

脂肪燃焼を促すことができるんです。

 

基礎代謝とは?

基礎代謝とは、何もしないでじっと座っていたり

寝転んでいる状態など

生きていくためだけに必要な

最小限のエネルギー量のことです。

一般的な基礎代謝の割合

  • 骨格筋 22%
  • 肝臓 21%
  • 悩 20%
  • 心臓、腎臓、脂肪、その他 37%

 

筋肉、肝臓、悩が

エネルギーの約6割を消費しています。

 

骨格筋とは?

姿勢の維持運動に働く筋肉のことを言います。

 

骨格筋を増やすと体脂肪の燃焼が加速

活動的に生活すると、筋肉でのエネルギー消費量が増えます。

さらに、骨格筋のエネルギー消費量が増え

基礎代謝を増加することができます。

血流が上がる

運動して骨格筋を使うと、血流が1.5倍も増加します。

そのためエネルギー消費量が激増します。

 

体脂肪燃焼が加速

そして、骨格筋運動によるエネルギー消費は

基礎代謝に上乗せされるので

体脂肪の燃焼が加速します。

 

さらに運動後も代謝の良い状態が続く

さらに、運動した時の消費量だけでなく

運動後も筋肉は興奮状態

新陳代謝を繰り返しています。

 

そのため、運動後の骨格筋は

基礎代謝が亢進した状態が持続する慢性効果があるんです。

この慢性効果は48時間かけて元に戻っていきます。

まとめ

運動により筋肉を使うこと、増やすことで

運動している時の消費エネルギーに加え

運動後も消費エネルギーが増加して体脂肪が減りやすくなります。

 

まずは週1回運動の日を作るなど

できるところから体を動かしてみてくださいね。

 

↓↓↓宜しければこちらもご覧ください↓↓↓

 

ピラティス体験レッスン受付中です

ピラティス体験レッスン

関連記事一覧

最近の記事

カテゴリー