気分が落ち込んだりネガティブな思考を改善し、心を強く前向きにする方法とは?

なんだか最近

「気分が乗らない」「落ち込みやすい」

なんてことはありませんか?

 

なかには、ちょっとした出来事にも傷ついたり

ついネガティブな方向に考えてしまったり

いつまでも一つのことにこだわったり

くよくよ悩んだりしてしまう人がいます。

 

逆の発想で言えば、その人たちはきっと

いろいろなことを気遣うことができる

繊細で、優しい心の持ち主かもしれません。

 

しかし、落ち込んだり、くよくよいつまでも悩んだり

ネガティブ思考でいることは

自分自身の心と体を害することにつながりかねません。

 

そんな時のために、

心を強く前向きにする方法があります。

 

心を強く前向きにする方法とは?

体を動かすこと、運動なんです。

つまりは、「心」のケアだけではなく「体」のケアが

とても大切なのです。

 

スッキリとした気分が大切

運動をした後、なんだかスッキリしたと

感じることないでしょうか?

 

このスッキリがとても大切で

つまりは、体を動かしたことで

心が解放されたサインなんです。

 

どういうことから、心と体がつながっているのか

心が元気でなくなる理由として

体に起こっていることとはなんでしょうか?

体の緊張

体と心がつながっている例として

言いたいことを言えなかったり

自分の本当の感情を抑えることによる体の「緊張」があります。

 

例えば怒りがこみ上げてきたのに、それをぐっとこらえた時

何かを言いたかったのに我慢しなくてはならない時

知らず知らずのうちに、体のどこかの筋肉は緊張しています。

 

自律神経への影響から

自律神経には、体の活動時や昼間活発になる交感神経

安静時や夜に活発になる副交感神経がありますが

その両方がバランスよく働くこと

私たちは健康を保てています。

 

その自律神経は不規則な生活や、感情を抑えるなど

ストレスが過度にかかると乱れやすくなり

体は、「ストレス=生命の危機」と感じ

体を緊張させ自分を守ろうとします。

 

背骨や骨盤の歪み

まず骨盤は歪むと

それに乗っかっている背骨の歪みにもつながります。

 

背骨の上には頭があり

骨盤、背骨の歪みは体全体の歪みとなります。

 

筋肉が緊張すると骨格は歪みやすくなりますし

骨(姿勢)が歪むと

それに合わせて筋肉が縮み緊張が生まれます。

 

つまりは、体の緊張が心にも悪影響を及ぼしているのです。

 

心の健康には、ピラティスがおすすめな5つの理由

ピラティスはまさに体を動かし、心を解放させるのに大変おすすめです。

  1. 体がゆるむ

    ピラティスの深い呼吸は、身体中の血液の流れを良くし体をリラックスさせます。

  2. 快眠になる

    ストレスを減らし良質な睡眠にも大切な神経伝達物質「セロトニン」の分泌を促し自律神経を整えます。

  3. 歪みが改善できる

    関節や背骨を丁寧に動かすことで、筋肉と柔軟性のバランスが整い
    理想的な姿勢になることで歪みの改善が期待できます。

  4. 疲れにくくなる

    ピラティスのようなハード過ぎない運動は、心地よい疲労感から血液の流れが良くなり老廃物が排出されやすくなるため、疲れにくい体になることが期待できます。

  5. 太りにくくなる

    深層の筋肉は毎日の姿勢や動きを作る筋肉。
    それを付けることで、エクササイズをしていない時でも
    代謝が良くなり、結果太りにくなることが期待できます。

 

まとめとして

ぜひ、ご自分の体のサインを注意深く読み取ってみてください。

よく眠れない、食欲の低下、めまいや動機、偏頭痛

体がなんとなくだるい、などがあったら

無理をせず、まずは休むこと。

 

この休むということが、勇気がいることだったりもしますよね。

ちょっとストレッチをしてみる、歩いてみる、散歩してみる。

また、パソコン作業の途中にただ立って大きく伸びをしてみる。

 

そんなことでも体の緊張はゆるみ

心もスッキリ解放できるのではないかと思いますよ。

 

ピラティス体験レッスン受付中です

ピラティス体験レッスン