ピラティスって体幹トレーニング?ヨガとの違いは?実は、ピラティスとは〇〇なんです!

ピラティスを実践されている方、名前を知っている方とても増えています!

よく、ピラティスは「体幹トレーニング」と紹介されることがありますが、それは実は100%正解ではないんです。

 

創始者のジョセフ・ピラティス氏はピラティスのことを

Whole Body Movement

と言っていました。

 

つまり、「全身の動き」です。

ピラティスの目的は「動き

体幹を強くすることは、全身の動き」つまり足先、手先、頭部まで全てを含めた末端までの全身を機能的に動かす、「手段」と言えると思います。

 

ピラティスの特徴、背骨の「可動性」と「安定性」

体幹とは胴体を指しますが、その中心部にある「背骨」を忘れてはいけません。

背骨の「可動性」と「安定性」持つことも、「全身の動き」を機能的に支えるためにとても重要なことです。

背骨をこれだけ意識する動きは、ピラティスだけと言ってもいいくらい重要視しています。

 

ピラティスはヨガとは違う

ピラティスとヨガには多くの共通点がありますが、全くの別物です。

ヨガ

ヨガは「ポーズ」を取り静止します。(呼吸をしているので、完全に静止とは言わないのかもしれません)

ピラティス

ピラティスは、基本的にポーズをとったり、静止することはありません

呼吸と連動して、常に動き続けます

ピラティスが常に動き続ける理由

それは、普段私たちは、常に動いているからです。

ピラティスはリハビリテーションから始まったメソッドですので、

私たちの体を、普段の生活で機能的に使えるようにすること、が目的だからです。

よく、アスリートがピラティスをトレーニングに加えますが、それはピラティスにより体を動かす上での基本を学べるからです。

基本はとても大切で、それができてこそそこから先の専門性のある動きも習得できるのです。

 

まとめとして

ピラティスとは、Whole Body Movement全身の動き」です。

マットとマシンを使ったピラティスで、無限の動きを行うことができます。

自分の体をと心をコントロールできるように、繰り返しの練習をします。

なんでも身につけるには、繰り返しが必要ですが、

呼吸と動きを連動して、体を無意識レベルで動かせるようになることは、とても気持ちがいいことです。

体と心はつながっており、その両方のバランスが整うとき、それは日常生活にいつの間にか良い変化が起こっている時なのです。

ピラティス体験レッスン受付中です!

ピラティス体験レッスン

 

よろしければ、こちらも参考になさってくださいね。

⇩アラフォー女性の体の変化「健康や美容を維持するために、運動しないといけないの?」
⇩ピラティスとは何?『ピラティスの効果』痛みからの解放/リハビリテーション