Blog

アラフォー女性のプラスするダイエット!もしダイエットが停滞期に入ったら?

最初はモチベーションも高く、頑張ってきたけれど

最近なんだか停滞期、ということ誰にでもあると思います。

飲み会があって、暴飲暴食してしまった後とか?
思い通りに、体重計の数字が変わらないときなど?

そんな時って、だいたい気持ちも落ち着気味だったりして。

今日は、プラスするダイエットで停滞期に入った時に、すぐ出来る方法をお伝えしたいと思います!

プラスするダイエットとは:激しい運動でカロリーを消費したり、食べ物を減らして痩せる辛いダイエットではなく、栄養素をしっかり取って、内臓機能や代謝を良くして「やせ体質」になることです。
よろしければ、過去の記事もご覧になってくださいね。

⇩基礎代謝を上げて「やせ体質」になろう!筋トレと同じくらい大切なこととは?

⇩代謝が良くなる食べ方テク「糖質カットでなく、燃えやすくする食べ方」

⇩内臓脂肪=気なる、ぽっこりお腹を解消する方法で「やせ体質」になる!

体は毎日の習慣でできている

朝起きてから寝るまで。

私たちは、時間軸の中、習慣でできています。

あなたが停滞期、と思うということは、きっと今がベストではない、理想の状態ではないのです。

そんな時は何かを変える必要がある

停滞期、つまりベストでない習慣の中にいると思ったら

何かを変えてみること」がオススメです。

体を変えたいということだったら、食べるものを変えるのが一番簡単な方法です。

なぜなら、体は食べ物でできているからです!

すぐできる方法とは?

1、食べているものを記録する

最低2週間くらい食べているものを記録してみましょう。
スマホで写真を撮るのが、一目瞭然でオススメです。

  • 食べているものを記録することで、それを俯瞰してみることができる
  • 問題点を発見できる
  • 改善方が見つけられる

 

2、記録した毎日の食事の中で、繰り返し食べているもの/していることを見つける

つまり

自分の食事のルーティーン、習慣を洗い出します。

3、自分の食事のルーティーン、習慣のリズムを崩す

停滞期

つまりベストでない習慣の中にいるなら、それをさらに続けていても成長する可能性は低いです。

プラスするダイエットで、ルーティーンや習慣のリズムを崩すとは?

例えば、

  • 毎朝パンを食べている → ご飯に変える
  • 白米が好き → 玄米や胚芽米に変える
  • 昼はパスタが多い → タンパク質の取れる、魚や肉のランチにかえる
  • いつも市販のごまドレッシング → オリーブオイルと醤油の手作りドレッシングに変える
  • 夕飯後にいつもフルーツを食べている → フルーツは果糖が多いので、4時以降は食べない
  • 夕食の時間がいつも20時過ぎ → 19時までに終わらせる
  • 野菜を取っていない → 野菜を取り入れる
  • 野菜を取っているけど → 栄養価の高い旬の野菜や、有機野菜に変えてみる
  • 味噌汁をよく飲む → 栄養価の高い、八丁味噌に変えたり、無添加のものに変える
  • 全く運動していない → 駅の階段を使う

 

プラスするダイエットでは、運動は体の機能を高めることで

人によって違う習慣が見えてくるので、例えはエンドレスです。

数字の記録を取る

今まで数字の記録を取っていなかったとしたら

  • 体重計で毎日の数字を記録する
  • ウエストのサイズを記録する
  • 歩いた歩数を記録する
  • 運動した時間を記録する
  • 座っていた時間を記録する

 

など、記録したものを俯瞰してみてみることで、また違った発見や改善点が見えてくると思います。

まとめとして

自分のルーティーン、習慣を俯瞰してみることは新たな気づきと成長につながるでしょう。

プラスするダイエットでは、体重計の数字ばかりでなく

疲れにくくなったり、冷え性の改善、便秘解消、お肌の調子がよくなる、ぽっこりお腹の改善、体のサイズが変わる、アクティブになる、気持ちが前向きになるなど

ちょっと立ち止まって、自分の体を感じてみれば必ず良い変化があるはずです。

停滞期だと思ったら、ぜひご紹介した方法を試してみてくださいね!

ピラティス体験レッスン受付中です!

ピラティス体験レッスン

 

関連記事一覧

最近の記事

カテゴリー