Blog

美しい姿勢の基本は、柔軟性のある健康な背骨から「キャットストレッチ」をご紹介します!

「You’re Only As Old As Your Spine」
「あなたの背骨の若さが実際の年齢である」

ピラティスの創始者、ジョセフ・ピラティスの言葉です。

今日はその背骨についてと、

背骨を柔軟に保つ、「キャットストレッチ」をご紹介します!

人間の背骨について

背骨の仕組み

人間の背骨は、椎骨というブロックのような形の骨が、積み重なってできています。

このため、私たちは体を様々な方向に動かすことができます。

上から、

  • 頚椎(首の背骨)
  • 胸椎(胸の背骨)
  • 腰椎(腰の背骨)

そして、仙骨とその下に尾骨があります。

背骨には、自然なゆるやかなカーブがあります。

  • 二本脚でも真っ直ぐに立つため(重心を保つ)
  • 歩く、走る、跳ぶ、様々な動きの衝撃を和らげるため

 

背骨は自然でゆるやかなカーブが理想で、

カーブが大きすぎても、なさすぎても体に負担をかけます

背骨の役割

  1. 体を支える(支持)
  2. 体を動かす(運動)
  3. 神経の保護

 

この3つが、背骨の大きな役割です。

背骨の自然なカーブを保つには、普段の姿勢に気をつけること

日常生活の、悪い姿勢が筋肉のアンバランスを生み

背骨の自然なカーブを失う可能性があります。

その場合、上にあげた「背骨の役割」を果たせなくなり

痛み健康を害する原因となり得ます。

外観的には、

巻き肩、胸が垂れる、ぽっこりお腹、たれ尻などの原因でもあるんです。

筋肉のアンバランスを取る

まず、働き過ぎてしまっている筋肉をゆるめ、バランスを取ること。

それから、筋肉トレーニングなどを行うと、正しいポジションで行うことも可能となり、効率の良いトレーニングができるでしょう。

キャットストレッチの説明

  1. 腰椎(腰の背骨)を屈曲させる

    腰椎は伸展(反り腰)しやすいので、その逆の屈曲をさせることによってストレッチを促す。

  2. 胸椎(胸の背骨)を伸展し、背中のストレッチ

    胸椎は丸まりやすい(猫背)ので、その逆の伸展させることにより、ストレッチを促す。

 

キャットストレッチをやってみよう!

セットアップ

  • 四つん這いで、背骨はまっすぐからスタート
  • 肩は手首の真上、股関節は膝の真上
  • 手首が痛い人は、グーでやっても良い

 

1、背骨を丸めてカーブを作る

息を吐きながら、腰椎(赤いライン)を特に屈曲(丸く天井の方にカーブ)させる

ポイント!
尾骨を、顔の方に巻き込むようにすると、腹筋も入りやすく(お腹が凹みやすい)さらに屈曲させやすい。目線はおへそか、太もも辺り。

 

2、背骨を伸展させる

息を吐きながら、胸椎(胸の背骨)を特に伸展(反らせる)させる。

ポイント
肩と肩甲骨を、お尻の方に下げる。胸のネックレス(しているとして)を前の人に見せるようにイメージ。

 

キャットストレッチのビデオ

よろしければ、

実際に動いている姿を観るのも、参考になるかと思います。

まとめとして

このキャットストレッチは、特に背骨にフォーカスしていますが

腹筋群も使いますし、肩や肩甲骨の安定、腕や手首周りの筋肉の強化といった目的もあるんです。

ピラティスは全身運動なのです。

ぜひ、キャットストレッチを日頃のストレッチとして取り入れてみてくださいね。

猫のような、しなやかな背骨を目指しましょう!

たまには、リラックスも必要二ャ〜。

ピラティス体験レッスン受付中です!

ピラティス体験レッスン

 

⇩「巻き肩が、肩こりの原因?」肩こりについて書きました。

⇩腰痛改善ストレッチについて、書きました。

関連記事一覧

最近の記事

カテゴリー