ブログ

青汁だけじゃない!アンチエイジング&ダイエットにも最適な 野菜の王様「ケール」

「まずい、もう一杯!」

で有名なケールの青汁と、生野菜のケールがイメージとして結びついたのが、オーストラリアのスーパーでした。

私は過去に、8年間オーストラリアに住んでいました。

生野菜のケールは、健康趣向の人たちにとても人気の野菜で、スーパーで1年中買うことができました。

あのCMのおかげで「青汁=まずい」と思い込んでいた私ですが、生野菜の「ケール」は、料理に使うととてもおいしいのです。

しかも野菜の王様といわれるほど栄養が豊富

以前ご紹介した「ビーツ」同様、生野菜のケールは日本ではまだまだこれからという感じですね。

生ケールをオンラインで購入できるサイトも、このブログの最後の方に載せて起きましたので、よろしければ参考にしてみてくださいね。

生野菜のケールってどんな見た目なの?

最近は、生でも食べやすいように改良されているケールも多いようです。

私が食べたことがある生ケールは
上の写真にあるように、葉っぱがちぢれているもの(左)とちぢれていないもの(右)です。

右側の縮れていない方が苦味が少ないのですが、私の好みはちょっと苦味のある左側です。

野菜の王様ケールのすごい栄養素

ビタミンC

免疫力を高め、美容やメタボリズムにも関係するビタミンC

コラーゲン生成にも必要で、肌のハリを保ちます。
ケールの葉1枚で1日に必要なビタミンの1,5倍が取れます

ビタミンA、ルティン

目や粘膜の健康に大切ビタミンA

おまけにルティンも含まれていて、紫外線、そしてスマホ、パソコンから目を守ります

ビタミンE

抗酸化作用で有名なビタミンE。

まさにエイジングケアに最適で、生活習慣病である活性酸素を抑える働きもあります。

先にあげたビタミンA(βカロテン)とビタミンCとともに

ビタミンACE(エース)」と呼ばれます。

活性酸素で傷ついてしまった細胞を、素早く回復させる働きがあります。

ビタミンK

血液の凝固、動脈硬化、骨の代謝、などに大切なビタミンK

カルシウム、メラトニン

丈夫な歯や骨を作り、筋肉や神経にも大切な栄養素。

同量で比較した場合、ケールには牛乳以上のカルシウムが含まれています。

また、メラトニンは睡眠のリズムを整え、不眠対策に役立つと言われているそうです。

そのほか、、、

「タンパク質」「カリウム」「マグネシウム」「鉄」「亜鉛」「銅」「ビタミンB1」「B2」「B6」「ナイアシン」「葉酸」「パントテン酸」「ビオチン」が含まれているそうです。by KAGOME

恐れ入りました!!!

気になるケールがダイエットへ役立つ理由とは

(1)さすがは野菜の王様!抜群に豊富な栄養素

ケールには、腸内環境を整える食物繊維
先ほどあげた栄養素のほか、ビタミンB6マグネシウムも豊富。

これらは、私たちの基礎代謝をあげてくれる役割があります。

(2)脂肪を燃やす働きがある

ケールには、余分についた脂肪を燃やす働きに優れた褐色細胞を増やす働きがあります。

(3)血糖値を下げる働きがある

ケールは食事をとることで出るホルモン、インシュリンの働きを抑制する役割があります。

 

どうやって食べましょう

  • スムージー
  • コールドプレスジュース
  • サラダにする
  • オーブンで焼いてケールチップスに
  • 蒸す
  • スープ

 

私はいちばん簡単な、サラダにして食べるのが好きです。

生ケールは苦くて食べにくいと言われますが、私はそんなに気になりません。

もし初めて生ケールを食べる場合は
ちぢれていないものか、サラダ用に作られたものが良いかもしれませんね。

とっても簡単、ケールとフェタチーズのサラダ

簡単ですが、シンプルで飽きの来ないサラダです^^

  1. ケールをよく水洗いし、水気を切り
    葉っぱを小さくちぎり、サラダボウルに入れる
  2. 薄くスライスしたレッドオニオンチェリートマト半分に
    きゅうりお好みの大きさに
    フェタチーズをちぎり、それぞれを1.に加える
  3. ドレッシングは、1/2カップのエクストラヴァージンオリーブオイル
    1/4カップのレモンジュース、ニンニクのすりつぶしひとかけら分
    1テーブルスプーンのドライオレガノ、お好みの量のコショウを混ぜます。

(約4人分)

 

ケールは基本的に、何のドレッシングでも合います

そのほかに、ビーツひよこ豆(缶詰)を入れたり、アボカドツナなどもおいしいですよ!

日本でも生ケールを購入できるウエブサイトを探してみました

最近は、スーパーでもケールを買えるところが増えてきているようですね。

もし買えない場合に、良ければウエブサイトも参考にしてみてくださいね。

「丸和直売」
[blogcard url="https://item.rakuten.co.jp/maruwa-tyokubai/180215-4/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_117_1_10001654"]

「MASUDA]
[blogcard url="http://www.masudaseed.com/products/kale.html"]

「ぶどうの木」
[blogcard url="https://item.rakuten.co.jp/budounoki/c/0000000253/"]

「緑王館ネットストア」
[blogcard url="http://ryokuoukan.com/shopdetail/002001000003/"]

「モアークオンラインショップ」
[blogcard url="https://www.moarc.co.jp/top/kale"]

まとめとして

いやー恐れ入りました!!

さすがは「野菜の王様」と言われるケールですね。

こんなにもアンチエイジング、美容&健康にいい野菜の王様

もっともっと、生ケールが広まることを望みます!

おすすめの食べ方やレシピがありましたら、ぜひシェアお待ちしています!

ピラティス体験レッスン受付中です!

https://my-pilates.net/?page_id=3134

 

⇩よろしければ、アンチエイジングによい野菜「ビーツ」について書きました。
[blogcard url="https://my-pilates.net/?p=321"]

⇩玉ねぎに含まれる、フィトケミカルのケルセチンはアンチエイジングによい。
[blogcard url="https://my-pilates.net/?p=1749"]

  • この記事を書いた人

SACHI

ピラティス講師/栄養コンシェルジュ®︎/アドラー心理学 1976年8月生まれ 獅子座 東京生まれ、横浜育ち。 人生をより良くしていきたいと願う大人女子へ。自分が本当に望む人生、やりたいことをやり抜く力を手に入れる食や体、心のこと、食べて綺麗に痩せる食事法を発信。ビジネスや生活で、ちょっと便利で良いもの情報も発信中。

-ブログ
-

Copyright© SACHI's blog , 2020 All Rights Reserved.