ブログ

体質改善・やせ体質を手に入れるには、αリノレン酸/オメガ3系の油が欠かせない理由

脂質は、栄養三大要素(タンパク質・炭水化物・脂質)の一つで、生きていくために欠かせないものです。

おそらく少し前までは、「油=太る」というイメージで、油抜きダイエットなどが流行った時期もあったかと思います。

しかし、体質改善には良質な油が欠かせないのです。

今日は、

「なぜ良質の油を取ると体質改善・やせ体質を手に入れることができるのか」

をテーマにしてみたいと思います。

良質な油を取ると、体質改善によい理由

人間は、約60兆個もの細胞からできている

人間は、約60兆個もの細胞からできているといわれます。

その細胞を保護する細胞膜は、主に脂質で構成されています。

人間の体の中で最も油分が多い臓器がで、約60%は油(脂質)でできています。

体において重要な役割を油(脂質)が担っています

 

細胞の壁を柔軟に保つ

脂質は、細胞膜を柔らかく保ちます

細胞膜を柔らかく保つことは、老廃物を排出しやすくし、栄養を吸収しやすくします。

つまり新陳代謝が活発に行われます。

 

細胞の働きと生まれ変わり

体は、食事で取った栄養素を使い、一部は生命活動のエネルギーに、そのほかは細胞へと変化させます。

私たちの体は、部位によって細胞の生まれ変わりの期間が違います。

例えば、皮膚はおよそ30日間筋肉はおよそ60日間骨はおよそ90日間といった具合です。

そのほか、血液や心臓、その他臓器など、全身の細胞が新しくなる期間をいうとだいたい3ヶ月といわれています。

 

上記3つの項目からも分かる通り、油(脂質)が私たちの体に欠かせないものとなっています。

オススメの油

αリノレン酸/オメガ3系の油

特徴:普段生活しているとなかなか取る機会のない油です。熱で酸化しやすく、料理には不向きです。

効果:血液をサラサラにする、アレルギーの予防や緩和など

  • えごま油
  • 亜麻仁油
  • しそ油

 

EPA・DHA/オメガ3系の油

特徴:EPAはコレステロールや中性脂肪を正常化させる作用がある。DHAは体内で作り出すことができず、加齢とともに減少してしまうので食物から摂取する必要があります。

効果:血液の流れをよくして、脳の働きを活性化させる。美肌効果。

  • 青魚(サバ、アジ、イワシ、サンマなど)
  • サーモン

 

オレイン酸/オメガ9系の油

特徴:酸化しにくく、短時間の熱する料理にも向いています。体内でも生成できるので、過剰に取る必要はありません。

効果:コレステロールの上昇を抑える乾燥肌の予防など。

  • オリーブオイル

 

その他のオススメの油

  • アボカドオイル
  • アーモンドオイル
  • アサイー(アサイーオイル)

 

などです。

できれは、さらに以下の3つの条件がオススメ

  1. 低音圧搾(ていおんあっさく)例えばコールドプレス法で、熱を加えず圧力をかけてオイルを絞る取る方法です。これにより、油の栄養分が失われにくいです。
  2. 一番しぼり一番しぼりは、溶剤を使わず原料に物理的な圧力をかけて、油を搾り採る方法です。
  3. 遮光瓶(しゃこうびん)に入っているもの遮光瓶に入っていることで、油が酸化しにくくなります

 

まとめとして

今回取り上げたや、味噌醤油など、毎日使うものは特に高品質にこだわりたいです。やはり高品質のものは、栄養価も高いからです。

そして、油はやはり取り過ぎはよくありません。

ポイントは普段使っている油を見直して良質でよい油に交換することです。

また、市販のドレッシングをやめ、良質のオリーブ油とビネガー、塩で作ったドレッシングに変えるだけでも体質が変わる可能性があります。

ぜひ、普段何気なく取っているものを、今一度見直してみてくださいね!

ピラティス体験レッスン受付中です!

https://my-pilates.net/?page_id=3134

 

  • この記事を書いた人

SACHI

ピラティス講師/栄養コンシェルジュ®︎/アドラー心理学 1976年8月生まれ 獅子座 東京生まれ、横浜育ち。 人生をより良くしていきたいと願う大人女子へ。自分が本当に望む人生、やりたいことをやり抜く力を手に入れる食や体、心のこと、食べて綺麗に痩せる食事法を発信。ビジネスや生活で、ちょっと便利で良いもの情報も発信中。

-ブログ
-

Copyright© SACHI's BLOG , 2020 All Rights Reserved.