ブログ

低カロリーで栄養がいっぱい!秋の味覚キノコは、美容にもダイエットにもオススメ

みのりの秋、食欲の秋!、おいしいものがいっぱいで

「日本人に生まれてきてよかったぁ!」なんて思いませんか?

ダイエットにとっては厳しい季節、と思われるかもしれませんが

秋は、代謝を上げてくれる栄養満点な食材の宝庫なんです!

そんな中で、キノコ低カロリーそして栄養満点

そしてさらに、腸のお掃除、腸内細菌のパワーアップにとっても役立つ食材なんですよ。

キノコは脂肪を排出するのを助ける

キノコに含まれる、キトサンという成分は

体内の脂肪と結び付き、便と一緒に外へ排出してくれます。

また、食物繊維も豊富ですから

脂肪分が多めの食事をとる時などに、一緒にいただけば腸内細菌のパワーを上げて

太りにくくしてくれるんですよ。

 

⇩よろしければ、腸内細菌と食物繊維についてはこちら
[blogcard url="https://my-pilates.net/?p=1883"]

そのほかの栄養素は?

カルシウムの吸収を助けるビタミンD、代謝を促すビタミンB群

免疫機能を回復させ、がん細胞の増殖を抑えるβグルカン

も含まれます。

それぞれのキノコの特徴

しいたけ

うまみ成分でアミノ酸の一種、グアニル酸が含まれるため、複雑なうまさがある。この成分は、加熱することで増える。

グアニル酸は、昆布や加熱したトマトが含むうまみ成分、グルタミン酸と合わさると、さらにおいしい相乗効果が生まれる。

生しいたけを30分ほど日光に当てると、ビタミンDがさらに生成される。

 

えのきたけ

ギャバという成分が豊富。

これは、神経の興奮を鎮め、腎臓や加増の働きを活発にする働きがあり、血圧や神経の安定に役立つ。

疲労回復に効果のあるビタミンB1の含有量は、キノコ類の中でもトップクラス。

 

なめこ

ヌルヌルのムチンという成分が、タンパク質の吸収を助けて腸の働きを整え、胃、肝臓の粘膜を保護する効果がある。

消化があまり良くないので、大根おろしなどといただくと良い。

美肌効果や骨粗鬆症の予防が期待できるトレハロースが豊富。

 

しめじ

ぶなしめじが多く出回っている。

ビタミンDビタミンB1,B2ナイアシンなど栄養価が高い。

日本人に不足しがちな必修アミノ酸で、タンパク質やカルシウムの吸収を促進するリジンも含まれる。

 

マッシュルーム

しいたけに比べてタンパク質が多く、ビタミンB2カリウム食物繊維が含まれる。

うまみ成分であるグルタミン酸も多く含まれて、食べやすくダイエットにも最適

その他にも、まいたけ、エリンギ、まつたけ、トリュフなどは馴染みがあるキノコですね。

キノコは名前がついているもので、2000種類、名無しのキノコを含めると4000〜5000種類もあるそうです。

その中で食べられるキノコは、100種類くらいです!

まとめとして

この記事を書いていて、キノコってスゴイ!と改めて思いました。

豊富な栄養素、そしてどの種類のキノコも、100gでだいたい20カロリー前後しかありません!

秋の味覚キノコ、楽しみたいですね!

ピラティス体験レッスン受付中です!

https://my-pilates.net/?page_id=3134

 

  • この記事を書いた人

SACHI

ピラティス講師/栄養コンシェルジュ®︎/アドラー心理学 1976年8月生まれ 獅子座 東京生まれ、横浜育ち。 人生をより良くしていきたいと願う大人女子へ。自分が本当に望む人生、やりたいことをやり抜く力を手に入れる食や体、心のこと、食べて綺麗に痩せる食事法を発信。ビジネスや生活で、ちょっと便利で良いもの情報も発信中。

-ブログ
-

Copyright© SACHI's blog , 2020 All Rights Reserved.