ブログ

ハマりやすい「お菓子サイクル」から抜け出し、やせ体質になる方法

お菓子大好き女子のみなさん
一旦お菓子に手をつけると、止まらなくなってしまうことありませんか?

なかには、朝食がお菓子やアイスという人も!!

お菓子は、栄養学では「エンプティーカロリー食品」の中に入ります。

カロリーが高く、固形脂肪や、添加されていた砂糖以外の栄養素がほぼゼロという意味で、大量に食べ続けると健康を害する恐れもあります。

お菓子サイクルにハマる理由

人の腸内には、1,000種類以上、約100兆個もの腸内細菌が存在します。

腸内には、「善玉菌」と「悪玉菌」がいるというのを聞いたことがあると思います。

「悪玉菌」はお菓子や菓子パン、悪いオイル、ジャンクフードなどが大好きです。

食の好みは、腸が決めている?!

そんな仮説があるくらい、腸内環境によって食の好みが変わるそうです。

例えば、「お菓子を食べると、悪玉菌が増える。悪玉菌が増えると、またお菓子が食べたくなる。」という具合に、これがお菓子サイクルにハマってしまう仕組みです。

ガマンでやめられるなら、そんなサイクルにはハマりません!

悪玉菌が増える理由

お菓子や、ジャンクフードをよく食べる、などの食生活の乱れ

加齢、運動不足、ストレスなどから、腸内環境は乱れ悪玉菌が増えやすくなります。

悪玉菌が増えると起こる症状

  • 血液の質が悪くなる
  • 大腸ガンになりやすくなる
  • 肌荒れを起こしやすくなる
  • 疲れやすくなる
  • 太りやすくなる

 

などの症状が出やすくなります。

腸内環境は、「便」で分かります。

キューサイのページに、便と腸内細菌について分かりやすい説明がありましたので、参考になさって下さいね。

「腸内環境を整えるカギは「善玉菌」あり!」

お菓子サイクルから抜け出す方法

お菓子サイクルにハマっている場合
突然断ち切ろうとせず、善玉菌を増やす食材をプラスしていくのがオススメです。

食材をプラスすることは、ストレスにならず長続きしやすいからです。

食物繊維

特に水溶性食物繊維は、腸内環境を整えるのに効果的です。

水に溶けず、水分を吸収して数倍から数十倍も容量になります。

腸の壁を刺激して腸の運動を活発にさせ、食べ物の残りを体外へ排出しやすくさせ腸内をお掃除してくれます。

麦ご飯、ワカメの味噌汁、ひじきの煮物、きんぴらごぼう、納豆といった日本食には水溶性食物繊維は豊富です。

その他、豆類、野菜、海藻、キノコ類を積極的に取りましょう!

発酵食品

味噌、ぬか漬け、キムチ、納豆などの発酵食品には、乳酸菌(善玉菌)が多く含まれています。

乳製品が大丈夫であれば、ヨーグルトもgood。

まとめとして

善玉菌を増やす食材をプラスしていく方法、いかがでしょうか?

プラスするなら、できそうな気がしませんか?

しかも腸内環境が整うことで、「やせ体質」を手に入れることも可能です。

腸内に善玉菌が増えて腸内バランスが整うと、自然とお菓子を欲しなくなります。

それが、お菓子サイクルからの脱出ですよ!

ピラティス体験レッスン受付中です!

https://my-pilates.net/?page_id=3134

 

⇨基礎代謝を上げて、痩せ体質になる方法について書きました。
[blogcard url="https://my-pilates.net/?p=1391"]

  • この記事を書いた人

SACHI

ピラティス講師/栄養コンシェルジュ®︎/アドラー心理学 1976年8月生まれ 獅子座 東京生まれ、横浜育ち。 人生をより良くしていきたいと願う大人女子へ。自分が本当に望む人生、やりたいことをやり抜く力を手に入れる食や体、心のこと、食べて綺麗に痩せる食事法を発信。ビジネスや生活で、ちょっと便利で良いもの情報も発信中。

-ブログ
-

Copyright© SACHI's blog , 2020 All Rights Reserved.