ブログ

アドラー心理学から学ぶコミュニケーション。子供や部下をほめないで、〇〇をするとよい!

あなたは普段、子供や部下を「ほめますか?

ほめて伸ばすことがいい、という人もいます。

ほめられれば、嬉しい人も多いですよね?

ですので、絶対にほめてはいけないというわけではありません。

しかし、ほめるよりも相手との「信頼関係」が深まり、「自主性」も上がる方法があるんです。

それは、

勇気づけ」をすることです。

タイトルの〇〇に入るのは、「勇気づけ」です。

勇気づけとは?

勇気づけは、あらゆる人間関係に有効な関わり方なんです。

それは、「相手に困難を克服する力」を与えます。

勇気づけをすると、相手は貢献感を持ち自信が出ます。

そして、自ら考えて行動する自主性を生むことができます。

勇気づけとは、横の関係

勇気づけでは、相手と上と下の縦の関係ではなく

常に、横の関係です。

年齢の違い、立場の違い、役割などをベースに、どちらかが上で、どちらかが下ではなく

誰でも人としての尊厳の重さに違いはないのですから、横の関係なんです。

横の関係を持つことでそこには

相対尊敬・相対信頼」の人間関係が生まれてきます。

ほめるとは?

ほめることは、決して悪いことではありません。

ほめてはいけないわけでもありません。

むしろ何も言わないよりは、ほめる方がましです。

しかし、ほめることには問題点もあるのです。

ほめるとは、上から目線

ほめるのは、上から目線で「上下の関係」が生まれます

例えばですが、あなたは部長に

「部長、例の書類を期限内に作って下さって偉かったですね。」

と言いますか?

ほとんどの場合、言わないのではないかと思います。

そのことから、ほめるというのは上の人が下の人を評価するという行為なのです。

ほめることで起こりうる問題点

  • ほめてばかりいると、相手がつけあがったり、なめられてしまう可能性がある。
  • ほめ中毒になり、ほめてもらうことが目的になってしまう。
  • ほめられないとやる気が出なくなる。(結果重視になる)
  • ほめる人がいないとやらなくなる
  • ほめられたくて、他人の足を引っ張る派閥が起きる可能性がある。お互いがライバルになってしまう。
  • ほめすぎると失敗を恐れ挑戦しなくなる

 

などが上げられます。

勇気づけのやり方

相手の関心に関心を向ける

相手の関心ごとに、関心を向けます

それは、相手に「共感をするということですが、

相手の考えや行いに全て「同意」する必要はありません

その人と意見が違っていても、あくまで相手の関心に関心を向け、「共感を示す」ということです。

そこには相手への、評価・分析がありません

横並びになって、相手の見ている方向を(行いや考え、関心ごと)一緒に見ているというイメージです。

相手の行為に感謝をすることも、勇気づけ

例えば、部下のK君は〇〇の資格を取ろうと猛勉強しています。

ほめる:「K君、忙しい中〇〇の資格の勉強頑張っていて偉いね。」

勇気づけ:「K君、忙しい中〇〇の資格の勉強頑張ってるね。そんな姿みて私も頑張ろうと思う。ありがとう。」

みたいな感じです。

その行為をほめるのではなく、その行為を見て自分や周りに与えたよい影響について触れています。

そのことで、K君は自分のしている行為が。、他人によい影響を与えているという「貢献感

自分は認められているという「自信」などが生まれます。

まとめとして

ほめる」と「勇気づけ」は、とても小さな違いに思えるのですが

実際自分が勇気づけされてみると、その微妙な違いを感じることができます。

私の場合ですが、ほめられるとちょっと嬉しい気持ちもあるのですが、天邪鬼に本当にそう思っているのかな?なんて感じることもあります。

でも、勇気づけされると

自分の行いが、周囲にもよい影響を与えているのだと、小さな「貢献感」を感じることができます。

よろしければ、ぜひ身近な人に「勇気づけ」を行なってみて反応を見てみて下さいね。

どう感じたか、本人に直接聞いてみるのもいいと思いますよ。

参考:平本式コミュニケーション

ピラティス体験レッスン受付中です!

https://my-pilates.net/?page_id=3134

 

よろしければ、以前書いた記事も参考になさって下さいね。

⇩平本あきおさんに学ぶコミュニケーション「増えてほしいところを指摘して人の能力を引き出す」[blogcard url="https://my-pilates.net/?p=1599"]

⇩アドラー心理学から学ぶ、コミュニケーション。「人は感情で動く」
[blogcard url="https://my-pilates.net/?p=1504"]

  • この記事を書いた人

SACHI

ピラティス講師/栄養コンシェルジュ®︎/アドラー心理学 1976年8月生まれ 獅子座 東京生まれ、横浜育ち。 人生をより良くしていきたいと願う大人女子へ。自分が本当に望む人生、やりたいことをやり抜く力を手に入れる食や体、心のこと、食べて綺麗に痩せる食事法を発信。ビジネスや生活で、ちょっと便利で良いもの情報も発信中。

-ブログ
-

Copyright© SACHI's BLOG , 2020 All Rights Reserved.