ブログ

やっぱり納豆は最強の健康食!腸内環境を整え、やせ体質&美肌や老化防止にも!

あなたは、納豆好きですか?

ほかほかごはんに、みそ汁、そして納豆。

日本の朝食の一コマというイメージですよね。

その納豆は、室町時代の中期から記録があるそうです。

蒸した丸大豆にカビや納豆菌を繁殖させた発酵食品は、東南アジア各国で親しまれているそうですが、

その中でも、糸を引く納豆は日本だけのようです。

今日は、当たり前のように私たちの食卓に上がる納豆について取り上げてみたいと思います。

腸内環境を整える

最近話題の腸内フローラ

腸の中を顕微鏡で覗くと、まるでお花畑(flora)のように見えることからそう呼ばれます。

この腸内環境を整えることが、健康や美容にとても効果的ということが近年注目されています。

 

腸内細菌は3種類ある

腸内細菌には、

体に良い働きをする「善玉菌」

体に悪い働きをする「悪玉菌」

どちらにも属さない「日和見菌」

がいます。

この腸内環境バランスは、体調、食生活、年齢、ストレス、薬の服用といった様々な要因によって日々変化します。

 

重要なのは、日和見菌

乳酸菌やビフィズス菌など、「善玉菌」がとても重視されますが、日和見菌」も腸内環境において重要な働きをしています。

現在、腸内の細菌は3万種、1000兆個、重さにすると1kg いると考えられています。

新しく遺伝子分析によって発見された最近のほとんどは、日和見菌と考えられています。

 

日和見菌とは?

日和見菌とは、

腸内環境が善玉菌優位の状態にあると善玉菌に加担し、

悪玉菌優位の時には、悪玉菌に加担する細菌たちです。

以前は、善玉菌が多いほど腸内環境は良くなると考えられていましたが、実際は日和見菌こそ腸内の最大勢力であり、彼らをどのように働かせるかが、腸内環境を改善する重要ポイントです。

 

納豆は「日和見菌」を増やす

納豆には日和見菌を増やして、腸内フローラの活動力を高める働きがあります。

また、納豆菌消化を助け乳酸菌、ビフィズス菌の増殖を促します

 

隠れ有効成分「食物繊維」

納豆100gあたり、5〜6gの食物繊維が含まれます。

食物繊維は、大腸の内容物として蠕動運動(ぜんどううんどう)を促進します。

つまり、お掃除をして環境をキレイに整えて、ゴミも回収して持って行って(外に便として排出)くれます

これは、腸内をお掃除することはデトックスとなり、体調を整えたり美容にもとても大切です。

また、デトックスができていると必要な栄養素を体に取り入れやすくなり

代謝が上がり、痩せやすい体質にもなります。

 

納豆菌がもたらすよい成分

納豆菌は、様々なビタミンを生産することが分かっています。

大豆に比べて納豆はビタミンB2B6ナイアシンなどは1,2倍から5倍。

ビタミンKは50倍以上増加します。

ビタミンKは、骨粗鬆症動脈硬化にも関与していると考えられています。

ナットウキナーゼという酵素は、血栓を予防すると言われています。

 

まとめとして

日本人は平均して1人あたり、年間40パックの納豆を食べているそうです。

納豆の賞味期限は1週間程度に指定されていることが多いですが、多少過ぎた時がうま味成分が出て美味しいそうです。

腸内環境を整えて、健康と美容に良い納豆、毎日食べたいですね!

ピラティス体験レッスン受付中です!

https://my-pilates.net/?page_id=3134

 

その他の記事もよろしければ参考になさってくださいね。

⇩「食物繊維」を積極的にとって、本気で便秘解消に取り組もう!腸内環境を整えることは、ダイエットにも効果的
[blogcard url="https://my-pilates.net/?p=2021"]

⇩腸内細菌が、私たちの老化に関係していた!腸内フローラ環境を整えて、肥満など生活習慣病を防ぐ
[blogcard url="https://my-pilates.net/?p=1883"]

 

  • この記事を書いた人

SACHI

ピラティス講師/栄養コンシェルジュ®︎/アドラー心理学 1976年8月生まれ 獅子座 東京生まれ、横浜育ち。 人生をより良くしていきたいと願う大人女子へ。自分が本当に望む人生、やりたいことをやり抜く力を手に入れる食や体、心のこと、食べて綺麗に痩せる食事法を発信。ビジネスや生活で、ちょっと便利で良いもの情報も発信中。

-ブログ
-

Copyright© SACHI's blog , 2020 All Rights Reserved.