ブログ

ただ今ダイエット中?!「やせ体質を手にいれる」太らない食べ方は、食べる時間にあった!

「今、糖質制限ダイエットしています」

という方、最近多く感じます。

特に、お菓子大好きさんは

止めたり、制限したりするダイエットはストレスがたまり、長続きしない場合が多いです。

長続きしないこと=リバウンドしやすいからです。

今回は、「食べる時間」に焦点を当ててみたいと思います!

20時のフルーツよりも15時のケーキ

ケーキをダイエット中に?!

という感じですが、もし「20時のフルーツと15時のケーキ」を比べるなら

15時のケーキの方が太りにくい、という発想です。

「ビーマルワン B-MAL1」

なぜなら、体内時計をコントロールする時計遺伝子のひとつに

ビーマルワン B-MAL1」というタンパク質があります。

これには、なんと脂肪を増やす働きがあります!

ですので、B-MAL1が活性化すると太りやすくなるのです。

 

「ビーマルワン B-MAL1」は時間によって働きが違う

働きが低下するのは、10時から16時くらいまでと言われます。

その中でも、最も働きが低下するのが15時前後

ということで、「15時のおやつ」は太りにくいのですね。

そして、 B-MAL1の働きが活性化するのは21時から夜中の2時くらい。

夜遅くに食べると太るのは、このためなんですね。

 

フルーツは朝か16時までに

フルーツには、ビタミンやミネラル、食物繊維がたっぷり含まれていますが

同時に糖質(果糖)もたっぷり。

ですので、フルーツは、朝から16時までに食べるのが理想ですよ。

ガマン!はダメ

ダイエットのガマンは、長続きしづらく

ストレスがたまりリバウンドにつながることが多いです。

なぜなら、人間の脳は「〇〇してはダメ」と聞くと

さらに脳はそこに集中してしまい、〇〇したくなってしまうものだからです。

 

理想の15時のおやつ

いくら15時は太りにくいといっても、毎日ケーキを食べていては

カロリーオーバーになってしまいます。

まず「おやつ=お菓子」という発想を変えましょう!

 

オススメのおやつ

チーズやナッツ類です。

チーズ

タンパク質と脂質が含まれているので、少量でも満足感がある。
カルシウムや脂肪燃焼を促すビタミンB2や、美肌に欠かせないビタミンAが含まれる。

ナッツ類

食物繊維や代謝をアップさせる不飽和脂肪酸、老化防止にビタミンEが含まれる。
また、噛みごたえがあるので咀嚼回数が増えて、少量でもお腹いっぱいになりやすい。

その他のポイント

  • チーズは、プロセスチーズ60gまで、
  • ナッツ類25g(20粒位)まで。
  • 果物は、だいたい200g位まで。
    目安は「みかん2個」「りんご1個」「バナナ1本」「いちご12粒」「キウイフルーツ2個」
  • 市販のジュースは、加熱処理されていてビタミン類、食物繊維が少なかったり
    糖質が多く含まれていたりすることが多いので基本的に、野菜の代用にはなりません

 

まとめとして

普段、夕飯の後にフルーツを食べていたなら、ぜひそれを、朝か16時くらいまでに変えてみましょう!

ケーキが好きなら、それをフルーツやチーズ、ナッツなどに変えてみましょう!

徐々に変化を加えて、習慣化することでそれが当たり前のこととなり

あなたを変えてくれると思いますよ。

私も頑張ります!一緒に実践しましょう。

ピラティス体験レッスン受付中です!

https://my-pilates.net/?page_id=3134

 

⇩お菓子サイクルから抜け出し、痩せ体質になる方法を書きました。
[blogcard url="https://my-pilates.net/?p=1464"]

⇩やせ体質と睡眠について書きました。
[blogcard url="https://my-pilates.net/?p=1391"]

 

 

 

  • この記事を書いた人

SACHI

ピラティス講師/栄養コンシェルジュ®︎/アドラー心理学 1976年8月生まれ 獅子座 東京生まれ、横浜育ち。 人生をより良くしていきたいと願う大人女子へ。自分が本当に望む人生、やりたいことをやり抜く力を手に入れる食のこと、体のこと、心のことなどをつぶやいています。ビジネスや生活で、ちょっと便利で良いもの情報も発信中。

-ブログ
-

Copyright© SACHI's BLOG , 2020 All Rights Reserved.